2009年09月16日

お父様の日本留学

こんにちは。

今日も連続して文鮮明先生の勉強のみ言から

先生は若い時に、電気工学、科学を勉強したのです。科学を勉強して

も、自分の行くべき道を知っていたのです。自分の行くべき道をわか

っていたのです。私は、科学を勉強しながら、電気の方面に手をつけ

たのはなぜかというと、大きなことをなそうとすれば、数学的な計算

が速くなければならないからです。鑑定力が速くなけれならないので

す。見えないものを管理することは、宗教にも通じるからです。あら

ゆる現象世界では、運動するすべてのものにも電気現象を発見できる

のです。そういう面から見たとき、


宇宙構成の作用は必ず主体と対象の関係でなされているのです。


お父様は目的もなく早稲田で電気工学を学んでいたのではなく、原理

の根本を解明なさるために留学されたそうです。ぴかぴか(新しい)

主体と対象の関係性。神様と私。

授受作用→四位基台→


神様の真の愛を相続します。


深すぎます!もうやだ〜(悲しい顔)


数学が苦手な方も多いと思いますが、理論的、鑑定力をつちかうため

にしっかりと勉強しましょう。わーい(嬉しい顔)

しっかりヘルプできるように私も頑張ります。パンチ









posted by ハナチャンパパ at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。